Story >> 鴉の視点で語られる物語

 

―――人里離れた山奥に、不協和音が鳴り響く。

 降ろしたナイフには鮮血の紅が。
 みつめる瞳には狂気の黒が。

 全身二十七箇所にも渡る刺傷を被害者に刻んだ異常殺人犯。
その所業の一部始終を目撃した一羽の鴉がいた。

 鴉の名前は『ヤタ』。仲間と群れぬ孤高のはぐれ鴉。

 ヤタは人という生き物に興味があった。
 もし彼らの生き方が自分に合うものであれば
人になってもいい≠ニすら思っていた。

 だからヤタは“あなた”に問いかける。

 「人とは何か」と。


 “あなた”は、ヤタの中に宿る「人の心」。
 あなたの選択がヤタを導き、彼の生き方を変える。

*画面は開発中のものです

 

Back