登場兎物紹介(人物紹介に在らず)

月より舞い降りた六羽の兎たちのプロフィールを一挙公開。

『人識る兎』(ひとしるうさぎ)
ゼロム
本編の主人公。人の気持ち≠知るために如月雪人の身体に棲んでいる。
翻訳能力により、ありとあらゆる存在の言葉を人語に変換する。
気分屋の毒舌家、独特の価値観を持ち仲間内からも変兎扱いされている。
『焔視る兎』(ほむらみるうさぎ)
ウィスカ
炎の気持ちを知ろうとする紅色の兎。
探炎能力により探し出した火に瞬時に転移することができる。
常に人の近くにいるためか人に対して好意的。色は派手だが地味。
『疾風運ぶ兎』(かぜはこぶうぎ)
ロキ
風を友とし、天空を飛び回る楽天家の目立ちたがり屋。
言葉を風に乗せて遠くまで運ぶことができる。
世界中を光体となって飛び回り、時よりTVや雑誌を騒がせている。
『水揺蕩う兎』(みずたゆたううぎ)
カントティムス
水と共に生きる蒼き兎、兎の中でも最年長。
『水揺蕩う兎』としては何の力も持たず、ただ水面を漂っている。
母なる月のこころ≠知るために、今宵もまた虚空を見上げる。
『森護る兎』(もりもるうさぎ)
フォウレイ
神迎山を護る深緑の兎。人の理を全く解さないため、ゼロムの翻訳も困難。
ありとあらゆる植物を意のままに操る強い能力を持つ。
タルターニャに従い、領域を犯す者に容赦しない。
『地統べる兎』(ちすべるうさぎ)
タルターニャ
大地の支配者。他の五羽を遥かに凌ぐ強大な力を有する。
他の兎と違い感情の変化が激しく、そのこころは決して本心を見せようとしない。

『約束の地』で静かにゼロムを待つ。

 

戻る